2019年2月21日

例年より早い、花粉シーズンの到来

東京では2月11日に飛散開始が確認されたが、去年に比べて3日早い観測だった。
夏の記録的猛暑の影響から、今年の花粉飛散量は全国平均で去年の2.7倍と予想されている。

スギ花粉のピークが終わる頃、ヒノキ花粉が飛び始め、その後ピークが始まる。
このあと3月にかけての気温だが、北日本では平年並みか高め、東日本と西日本では平年より高めで経過する予想だ。
スギ・ヒノキ花粉ともにピーク時期は、例年並みか少し早まる見込みとなっている。

2019年1月 9日

インフルエンザの流行「注意報」レベル上回る

全国でインフルエンザの流行が本格化している。厚生労働省は9日、全国5千カ所の定点医療機関から報告された直近1週間(2018年12月24~30日)の1医療機関あたりの患者数が11・17人となり、「注意報」レベルとされる10人を上回ったと発表した。

1月7日の推定患者数は約30万人と、今シーズンの最高値(約19万人)となった。今週の患者数は更に大きく増加すると予想される。

今後もインフルエンザの患者発生状況には注意が必要だ。